スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知後

やっと会えた我が子。

毎日毎日顔を見るだけで幸せで、

これからどんな子供になるんだろう~
旦那はどんな風に接するんだろう~

なんて毎日色んなこと考えてたなー。

大きくなったらスポーツするのかな?
野球?サッカー?
どっちも応援大変だなー焼けちゃうな~!

なんてしょうもない事、思っていたけど

そんな些細な夢でさえ叶えられないのかもと絶望を感じた。


・・・私はなんて子を産んでしまったんだろう。


将来どうなるの

学校は?
友達は?
就職は?
親が死んだら?

わからないことだらけ
不安でしかない

毎日自分を責めて泣かない日なんてなかったし、1人になると涙が止まらなかった。

なんでこの子を無事に産んであげられなかったんだろう。

告知を受けてから

どうすればなかった事にできる?
どうすれば手放せる?
赤ちゃんポスト?
里親?

なんで産まれてきたの?

息子の顔見るたびに涙が出る。

最低だけど本気で
このまま口を塞いでしまえば楽になれるかな。
なんて思うこともあったりした。

毎日、毎日、

なんで私?
なんでこの子?

なんでなんでなんで

涙が止まらなかった。

親を選んできてくれるんだよって言葉があるけど、
そんな事、絶対ない
ただの慰めでしかないと思ってた。

そんなの選ばれたくなかったし
普通の子を育てたかった。

染色体異常の場合、約8割が流産や死産となるという事を知った時、

なんで流産しなかったんだろう
なんで死産しなかったんだろう

なんて本気で思った最低な母親。

でも本当に毎日そんなことを思ってしまうなか、

私を求めて泣く坊ちゃんを可愛くないなんて思えなかった。
私を信じて私を必要としてくれる坊ちゃん。

だから、そんな事思ってしまった罪悪感でまた泣く。

そんな日々が続いていた。

でも、

坊ちゃんは何も知らない。何も悪くない。

障害のある子に対して一番差別していたのは母親の私自身。

こんな母親でごめん。

ずっと会えるのを楽しみにしていたのに、勝手だよね。

産んだのは私なんだから、と
義務感を拭えないままだったのが正直なところ

いつかきちんと、『産まれてきてくれてありがとう』と言える様

頼りない母親だけど頑張るからね!



にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。