FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の家族

私の家族への報告
私は3人兄弟の真ん中っ子。

兄と妹がいます。


そして妹はアメリカに住んでいるのでline電話で報告。

毎回のごとく、ダウン症だった
その言葉を発するだけで、涙が止まらない。

妹は、
大丈夫、話せるし、歩けるし、走れるし、なんでもできるじゃん!
泣いてたら坊ちゃんがかわいそうだよ!!

差別を恐れちゃだめだよ!
こっちにいれば日本人ってことで私だって差別されてるんだから!
両親がしっかりしていれば大丈夫!

と。

そう、すべてその通り。

坊ちゃんは何も悪くないんだもの。
泣いてちゃかわいそうだよね。

子供が欲しくてもできない人もたくさんいる、出来た事が奇跡、産まれてきた事が奇跡なんだよね。

差別は誰しもがきっとどこかでされている事。

そうだよね。

でもね、一番の差別者が実の母親なんだよ。
まだ受け入れるのに時間がかかっているのよ。ごめんよ坊ちゃん。

妹がすごくたくましく頼りになると初めて思った日でした。

そしてすぐ、妹はアメリカから急遽帰国してくれた。

妹が帰ってきてた、その1週間すごく心強かった。
息子の事をすごく可愛がってくれて嬉しかったな。

妹が帰国して、みんなでご飯をしようとなったとき、兄にも報告した。

兄もびっくりはしていたけど、兄の所属する草野球チームの仲間の子供さんにも
ダウン症の子がいるらしく、特に動じてはいなかったのがびっくりだったな。
なんか、意外だった。

それでも皆、息子のことを抱っこしたりあやしたり、
その光景をみるだけで嬉しかったしすごく幸せだった。

家族ってやっぱりいいなって。

だからこそ、やっぱり坊ちゃんにも必ず兄弟を作ってあげたいと思った。

出来れば、の話だけど。

新たに産まれる兄弟たちには色々と負担となる事も多々あるだろう。

けど、少しでも負担を軽くできる様、息子をきちんと育てあげなくては。

自活できるよう、ゆっくりじっくり時間をかけて
私が親として、出来るだけの事をしてあげよう。



にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。